外反母趾、内反小趾、開張足等の中敷調整、コンフォートシューズの販売。
お問い合わせ

 

 
幅の広い靴は良いのでしょうか?
2つの問題があります。1つは、あなたの足は、本当に幅が広い足でしょうか?
一般に幅広甲高の足だと思っていても、実際に足幅が狭い人が沢山います。
足幅の狭い人でも、足の筋肉がゆるんでいると幅広に見えます(開張足)
幅の狭い足で幅広の靴を履くと、足が前に滑って母趾の横があたります。
次に、幅の広い靴と思っているものは、足趾の付け根だけが広くなっているものぱ
かりです。そして、靴先が細くなっているものが多いです。そうすると、足の幅を広げ
趾を変形させてしまいます。
柔らかくて伸ぴる靴は、足に優しいですか?
桑らかすぎる靴は、足を守る機能がありません。靴の機能として、ヒールカップ(踵
受け)の部分が、しっかリ踵を支えることが必要です。
靴は足の形が悪くならないために、足が変形しようとする方向に逆らって、足を
支えてあげる必要があります。
また、靴の革が伸びてしまうと、足の変形はどんどん悪くなる方向へ向かいます。
靴底が桑らかすぎると、足が疲れます。
靴は軽い方がいいのですか?
何らかの病気で、よほど下肢(足)のカがなくて、立っているのも歩くのもやっととい
う人以外は、ある程度の重さがある靴のほうが、振り子の役目をして歩きやすいの
です。丈夫で耐久性があり、足を守る機能を持つには、ある程度の重量がありま
すが、きちんと足の形に合ったものであれぱ、靴を重いとは感じません。
また「軽い」ことを売り物にしている靴は、強度や素材を犠牲にしていることがありま
す。靴が傷みやすかったり、磨り減りやすかったり、型崩れしやすかったりします。
重量の軽い靴ではなく、実際に軽くなくても、履いて歩いて、軽く感じる靴が、良い靴
だと思います。何十グラムの差が気になるようならぱ、まず大腿四頭筋(膝の上の
太もも)の訓練を行い、その靴でどんどん歩くぺきです。
大きめの靴がいいですか?

皆さんが大きめというときには、ゆるめの靴を選んでしまっていることが多いです。
ゆるい靴だと靴の中で足が滑ってしまい、かえってつま先が当たる場合があります。
大事なのは、足の形に合っていて、つま先にゆとりがあり、足が靴の中で前後に
動いたりしないということです。(特にパンプスは避ける)
30分以上歩くときには、紐やマジックテープなどで、足の甲がきちんととめられるも
のが良いでしょう。
TOPへ
EE・EEEの靴はいいですか?(表示)
足の痛みを持つ方は、一生懸命、幅広であるはずのEE・EEEの靴を探していらっし
ゃる場合がしばしばあります。これは、ひとつの目安として考えてください。メーカー
や、靴型によって異なります。サイズも同様です。
EE・EEEの表示がある靴でも、実際にその基準を守って幅広に作られているものは、
少ないことです。たとえぱ同じ靴型を便用しても、上の甲の伸ぴやすい材料と硬い
材料では履いたときの感じが違います。また足も、ムクミやすい人とそうでない人
でも違います。(足は個人差がある)
履きやすい靴が、いいですか?
履きやすい靴が、歩きやすい靴とは限りません。履きやすい靴とは、足が入れやすく
スムースに履ける靴のことだと思います。しかし履きやすい靴というのは、逆に言
えぱ、脱げやすい靴である場合が多いのです。このような靴で長く歩くと、知らず知
らずのうちに、脱げないように趾先で靴を引っ掛けて、余分なカを入れて歩くため
に、歩行姿勢が悪くなり、とても疲れやすくなります。履きやすい靴は、歩きにくい靴
なのです。
日本の生活では、靴を履いたり脱いだリすることが多く、スリッポンが、日常の靴とし
て好まれ、紐靴だとゆるく結んだままか、履くときも紐を結び直さない方が、
ほとんどです。そして皆様に、紐靴を勧めると、紐を結ぶのが面倒なので、嫌がる
方が多くいます。しかし、足と靴が一体化する紐靴が機能的にはベストです。
スリッボンは、羽根の部分をゴムで押さえているドレッシイシューズ(おしゃれ靴)な
ので、長時聞の歩行には向きません。
外反母趾対策の靴はいいのでしょうか?
こういう表示をする基準は、日本にもアメリカにもドイツにもありませんから、信頼できません。外反母趾対策の靴として市販されている靴は、4Eなど足園の広いだけの靴です。
こうした靴は、母趾のMP関節(付け根)があたらなくなるので、その部位の痛みは一
時的に軽くなります。しかし、足趾が入る爪先が細くなっている靴が多く、中敷も平
坦なので、外反母趾の原因になっている、開張足を矯正する効果もありません。
単なる幅の広い柔らかい靴に、外反母趾対策と大げさな表示をして売っている場合がしばしばあります。

足に合わない靴を履いて歩くと、足の痛みや変形を起こすだけでなく、疲れの原因になったり、
膝や腰に負担がかかったりします。
医学的には、膝が悪かったり腰が痛くなったりするのは、すぺて靴のせいということはいえませんが、逆にきちんと足に合った靴を選んで履くと、膝や腰の痛みが楽になった、姿勢が良くなった、肩こりが楽になった、頭痛がなくなったとおっしゃるお客さんも、いらっしゃいます。
そして、何よりも歩くことが楽しくなったとおっしゃる、多くのお客さんがいらっしゃいます。
これは、靴がその人の能力を引き出しただけで、主役は履く人です。靴はあくまで道具にすぎません。私たち整形靴の技術者は、その人その人に歩きやすい靴を作ったリ、合わせたりするのが目的です。良い靴をうまく使って人生を楽しんでください。

▲TOPへ

HOME | 外反母趾 | 内反小趾 | 骨盤矯正 | 中敷 | 店主紹介 | よくある質問
お問い合わせ | 取扱商品 | 店舗案内 | 協力者 | 参考文献 | 料金
足の悩みどうすれば? | 靴合わせのチェックポイント | 当店で購入した後は
マスコミ紹介 | 良いシューフィッターの選び方
Copyright(c). 2004 靴工房ゲズントハイト.All rights reserved.